iPhoneアプリをCoronaで作成する

subpage01

Coronaは商用のアプリ開発環境です。商用アプリ開発環境ですがFree版も用意されており、使いやすい環境ということもあり人気が高くなっています。
CoronaはiPhone,Android、Windowsphoneなどさまざまな環境に向けてアプリが作成可能です。
機種依存していない機能だけなら1ソースですべての環境にむけてビルドが可能になっています。
iPhone向けのアプリに場合、審査が気になりますが、Corona製でもまったく問題なく作成可能な上、iPhone向けのアプリはビルド時に独自の技術で行なうことで速度がXcodeで作られたネイティブアプリとほぼ同等なのが嬉しいところです。



CoronaはLuaという開発言語を利用しますが、Luaはおぼ安く、Actionscriptを利用していた方なら学習コストもそれほど高く無くすぐに利用できると言われています。

Yahoo!知恵袋の情報はすぐに役立ちます。

また、iPhoneアプリ開発でもWindowsで開発し、ビルドをリモートで行なうことでアプリが公開できる仕組みも作られています。

このビルドの仕組みがあることでMacを持っていなくてもアプリを作れ、また、審査に望める体制が作れています。Coronaは主に2D向けのゲームやアプリが得意です。