iPhoneでインターネットをする際の注意点

subpage01

iPhoneではWEBブラウジングアプリとして「サファリ」がインストールされています。
バージョンを重ねるごとにユーザーインターフェイスが改善され、操作性が良くなっているのが特徴ですが、インターネットをしているとユーザーが意識していない動作が起きてしまうことがあるのです。iPhoneのサファリには標準でアカウントやパスワードの自動で入力機能があります。



入力したユーザーアカウントやID、パスワードやクレジットカードの番号などをアプリが記憶して、次に入力する際には自動で入力を終えてくれるという機能です。


しかし、パスワードが記憶されていなかったり、間違って覚えられていることがあるのです。パスワードが記憶されていないのは、「プライベートブラウズ」という機能がオンになっているために起こる現象です。
タブビューの画面で設定を見直すことで改善できます。

日本経済新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

間違って覚えられている場合は、以前自分で入力した際に間違って入力してしまったものが、そのまま記憶されてしまったということです。


設定から保存されたパスワードを編集すれば個別に削除することが出来るので、正しいパスワードを入力すれば解決します。

また、サファリがフリーズしてしまうこともあります。これは保存されているキャッシュが壊れてしまっているためで、Webサイトデータの編集ボタンをタップして削除することでフリーズが解消されます。


iPhoneでインターネットをする際は、このような点に注意して快適なブラウジングを楽しみましょう。