iPhoneの液晶はRetinaディスプレイ

subpage01

iPhoneの画面は非常に美しいのが特徴ですが、これはRetinaディスプレイが搭載されているためです。



2010年発売のiPhoneで初めて搭載されたRetinaディスプレイは、画素数が高密度なため情報量が多く、美しい表現が可能なのです。

液晶ディスプレイの画素のことをドットと呼びますが、通常の液晶ディスプレイの4ドットをRetinaディスプレイでは1ドットとして扱い、さらに文字のギザギザ巻を無くすアンチエイリアス処理を強化して印刷物と同程度の解像度を実現している高精細なパネルです。

自分に合ったYahoo!ニュースに関する詳細です。

通常の液晶ディスプレイとは解像度が異なるためアプリ側での調整が必要ですが、現在ではほとんどのアプリが対応しているため標準設定のままでその高精細さを実感することが出来ます。

iPhoneでは、写真や動画を撮影する機会が多く、撮影したものを表示するのにRetinaディスプレイは最適なパネルなのです。



コントラスト比も向上し、さらに低反射処理も施されているため、写真や動画を表示すると美しい表現が可能なのです。
また、iPhoneでソーシャルネットワーキングサービスを活用する人が多いはずです。
ソーシャルネットワーキングサービスでは文章によるコミュニケーションが中心になるため、文字を高精細に表示して読みやくなるRetinaディスプレイのメリットが大いに活かせるのです。iPhoneは様々な用途で使われていますが、その使いやすさはRetinaディスプレイによって支えられているのです。