iPhoneのセキュリティ対策

main-img

iPhoneに搭載されているiOSはセキュリティの面で非常に優れています。
これは、公開されているアプリは全て適正な審査を経た上で公開されていることや、システムそのものに深く関わるアプリは公開が認められていないこと、さらにすべてのアプリが独立して動作しているために他のアプリに影響を与えないことが理由です。



また、開発元であるアップルがアプリ開発に必要な情報をあまり公開してないため、ウイルスソフトを作ることが困難なことも挙げられます。そのため、iPhoneに対応するアンチウイルスソフトはほとんどありません。

しかし、過去には公開されていたバンキングアプリにデータの盗難や口座が乗っ取られる恐れがあるバグが発見されたり、iPhone全体のシステムを第三者が監視するアプリや、タッチスクリーンに屋ソフトウェアキーボードに入力した内容が第三者のサーバーに送信されてしまうということもありました。

毎日新聞の情報を探すならこちらです。

iOSはセキュリティの面で優れているとは言え、完璧なわけではないのです。こういった事態に対する対策は、つねにiPhoneのOSを最新バージョンにアップデートすることです。

不具合が即座に修正されるため、最新バージョンを使っていれば被害に遭う可能性が格段に低くなるのです。

ネットワークに接続されたスマートフォンを使用するにあたり、セキュリティへの意識を常に持っておくことが重要です。



それは、iPhoneの場合でも同じなのです。

おすすめ情報

subpage01

iPhoneの画面は非常に美しいのが特徴ですが、これはRetinaディスプレイが搭載されているためです。2010年発売のiPhoneで初めて搭載されたRetinaディスプレイは、画素数が高密度なため情報量が多く、美しい表現が可能なのです。...

more

皆が知りたい情報

subpage02

iPhoneではWEBブラウジングアプリとして「サファリ」がインストールされています。バージョンを重ねるごとにユーザーインターフェイスが改善され、操作性が良くなっているのが特徴ですが、インターネットをしているとユーザーが意識していない動作が起きてしまうことがあるのです。...

more

身に付けよう

subpage03

Coronaは商用のアプリ開発環境です。商用アプリ開発環境ですがFree版も用意されており、使いやすい環境ということもあり人気が高くなっています。...

more

携帯の実態

subpage04

絶大な人気を継続しているiPhoneシリーズですが、よく画面が割れたまま利用している人を目にします。Androidのスマートフォンではあまり見ることはありませんが、iPhoneの画面が割れやすいのでしょうか。...

more